<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
1000回に1回って、どのくらいの確率なのか?
0
     


    よく「1000回に1回、有るか無いか…」って言葉を聞きます。

    これ、良く起きそうなことにも思えるし滅多に起きないことにも思えます。
    どっちでしょう?


    1000回に1回って、確率1000分の1に置き換えられます。
    パーセントにすると 0.1% ってことです。


    「じゃんけんで連勝する確率」を並べてみます。



    じゃんけん1回やって勝つ確率は2分の1だから 0.5 (50%)
    2連勝する確率は 0.5 × 0.5
    = 0.25 (25%)

    3連勝する確率は 0.5 の3乗
    = 0.125 (12.5%)

    4連勝する確率は  0.5 の4乗
    = 0.0625 (6.25%)

    5連勝する確率は 0.5 の5乗
    = 0.03125 (3.125%)

    6連勝する確率は 0.5 の6乗
    = 0.01563 (1.563%)

    7連勝する確率は 0.5 の7乗
    = 0.00781 (0.781%)

    8連勝する確率は 0.5 の8乗
    = 0.00391 (0.391%)

    9連勝する確率は 0.5 の9乗
    = 0.00195 (0.195%)

    10連勝する確率は 0.5 の10乗
    = 0.00098 (0.098%)



    1000回に1度って(確率0.1%)、じゃんけん10連勝するよりも僅かに大きいですが
    まあ、ほぼ同じと考えて良いでしょう。

    ということは、じゃんけん10連戦勝負を1000回やれば
    1回は10連勝しても不思議ではないってことになりますね。
    でも、1000回やって試そうとは思いませんけど。



    正確な計算数値






    話しは変わりますが、統計での検定法とかで
    「有意水準5%では…」とかの言葉が使われます。
    有意水準の数値として「5%」が使われることが殆どなんですよ。
    数値は何でも良いような気がするのですが。。

    この「5%」って数値は、上に挙げた「じゃんけん連勝確率」の数値から見れば
    これが微妙に良いポイントを抑えているんです。

    続きは次回に。


    | SPIKE | ネイチャー | comments(0) | - | - |

    Comment










    PROFILE
    ENTRY
    CATEGORY
    ARCHIVES
    COMMENT
    MOBILE
    qrcode
    LINK
    OTHERS